自転車

27 02 2011

先日新しい自転車を買い換えました!

今まで使ってた自転車と色も形ほとんど変わらないので新鮮味が全くないですが…(笑)

新しい自転車はブレーキもよく効くし、キーキー鳴らなくなったので快適です(^O^)/

先日テレビでもやっていましてが、ここ数年で歩行者と自転車の事故が数倍にも増えたみたいです。

原因として、自転車通勤の増加、危険運転などがあげられるようです。

そもそも自転車は道路交通法上、車両(軽車両)の一種ということをしっていましたか?

そのため、車道と歩道の区別がある場合は原則として車道を走ることが決められています。また、歩道を走る際には、歩行者優先で車道側を徐行しなければなりません。

他にも、飲酒運転、二人乗り、並走して走ることも禁止されています。

上記以外にも、ライトの不点灯、信号無視なども罰金対象となります。

また、一昨年から傘をさしながらの運転、携帯を使いながらの運転も禁止されました。間違いがちですが、自転車に傘を固定して運転もダメですよ!これは自転車の積載制限違反になります!!

こうやって見てみると結構知らず知らずのうちに違反ってしちゃってませんか?

僕もそうですが、今後は違反しないように気をつけて安全な運転しましょう!!

スタッフ:大野

広告




現場からの発想がカギ!!!

26 02 2011

みなさん、こんにちは。

相変わらず長い文章ですが、是非読んでください。

                    ↓

患者さんのニーズを見つけ、どうやってそれを満たしていくのか?

これは友愛の永遠のテーマのようなもので、多くのビジネスマンがこのことで努力しています。

私自身も、色々な業種の方の話しを聞いたりして、効果的な方法を求めていますが、なかなかうまく出来ないでいます。結局、こういうのは人まねではなく、自分が苦心した末に自らあみ出すものかもしれません。したがってニーズ発見方法は人の数とあいまって、私が共感を覚えるのはダイエーの会長だった(故)中内功氏のやり方です。中内会長は、現場からの発想を常に、唱えており、

「いつも現場に行ってそして、現場で発想する。そうでなければ、大衆のニーズを満たすことが出来ない。」と言っています。

メーカーであれば小売の現場に行って、消費者の言動をしっかり把握することから始めるわけです。

現代人はデーターや理論を偏重して、現場に足を運ぶことが怠りがちです。しかも、それでは、いつになっても現実と理論のギャップを埋めることなどできません。

学問の世界でも、基礎研究というのは人のやっていないことを研究するのであり、わからないことを探す難しさがあります。ところが、ある先生は「町に落ちているガマ口を拾う」ように、この基礎研究をしているそうです。つまり、ガマ口は机の上で本を読んでいても絶対に拾うことなど出来ないのです。

拾うために町に出て歩くほかありません。こうして絶えず町を歩くことで基礎研究の種を探しているわけです。

これも現場からの発想だと思います。

私も、これに習い、何か新しいことを考えだそうとするときは、必ず足を使って歩こうと思っています。

そして、いつか必ず大きなガマ口を拾います。

最近友愛では、大きいか、小さいかわかりませんが、ガマ口を見つけました(^O^)

近日中にお披露目できそうです・・・

気になされる方は・・・・・是非ご来院お待ちしております。

スタッフ:荒船





春の足音が・・・

25 02 2011

今日は暖かい一日でした。関東地方では、春一番が吹いた

そうです。気温も20℃以上、上がったみたいです。春はもうすぐ

といった感じですね。ただ、。花粉症の方にとっては、大変かと思い

ます。当院では、花粉症の予防、改善の鍼治療を行っています。

効く、効かないは、どうしても個人差がありますが、一度、治療を

受けられる事をお勧めします。春を連想する言葉として、<

新緑・桜・出会い・別れ・卒業・入学・引っ越し・新入社員>

などなど、た~くさんありますが、皆さんは何が浮かんで、どうゆう

イメージでしょうか?僕は今年の春に関しては、スタートが良いか

なと思います。どんな事でも、良いのでスタートしてみたいです。

春から何かをスタートする方、一緒にガンバですね!

スタッフ:青岡





みんな無事でありますように。

24 02 2011

先日発生した ニュージーランド地震。

富山の外国語専門学校の方々など、多くの日本人が未だ行方不明と連日の報道。

地震大国「日本」も人事ではない!!っと思っていた最中、我が家の旦那さまの友人から連絡が・・・

なんとその中に、旦那さまの学生時代の恩師の奥様が居るとの情報が・・・汗

ほんとに人事ではありませんでした。すでに救出されているとの事ですが、詳しいことはまだ分からないとのことです。

なんとか無事でありますように。そして1人でも多くの方が、無事に救出されますよう願うばかりです。

受付担当:中谷





書評(読書感想)

22 02 2011

 最近は本を読まなくては、と思っていますが、

夜、ベットに横になりながら、読んでいると、

数ページも進まないうちに、寝てしまっています。(泣:)

そんな状況の中で、読み終えた本に、

「終末のフール」(伊坂 幸太郎 著)があります。

内容は簡潔には、地球に4年後に小惑星が、衝突

することになって、人類が滅亡する事になってしまいました

(確定的に)。その時の人々の葛藤、心のありよう、生き方が

描かれています。無気力になる人、犯罪を犯す人、自殺して

しまう人、何事もないかのように変わらず生活している人、等

が登場しています。自分はそのような状況になって、どうゆう行動

をとるだろうかと考えたりもしましたし、2月13日の荒船先生の

ブログに書いてありました「チャンス」という言葉が浮かび、今を

大切にしなければと思いました。仕事では、日々、今を大切に

チャンスに感謝して、患者さんの治療にあたっていかれればです。

また、読み終えた本のご紹介できればと思います。

スタッフ:青岡





iPhoneデビュー!!

21 02 2011

1月初め、3年半使っていた携帯がボロボロで人前に出すのさえ恥ずかしい状態。

次に買い換えるならもうスマートフォン!と心に決めていたので、とうとうiPhoneデビューしました!購入して3日位は着信のみ・・・こちらから発信することはできず・・(-_-;)

iPhoneって使用説明書ないんだもの!まずアドレス帳の移動ができない!「お宅のパソコンでitunesを・・・・なんちゃらかんちゃら・・・」さっぱりわからない・・(-.-)

おまけに、壊れたらソフトバンクではなくapple社へ・・その際、画面に傷があった場合はそっくり取替となり修理代も数万円・・と脅され?私使うたびタオルハンカチにくるんでしまう気の使いよう・・。見かねた子供たちからは‘‘ちょーおばさんだからやめて!’と言われ、夫からの電話がわからず‘お前、携帯はケツにいれとけ!’と怒られ・・(-。-)y-゜゜゜

その後も何だかのパスワードを数回間違えて入力しアプリが使えなくなって吉祥寺の支店に聞きに行ったり、知り合いにiPhoneの本を貸してもらってやっとなんとか・・と思っていたら、今度はすべてが‘落ちちゃった’状態。うんともスンとも・・電源も入らない・・不良品?電話で聞いてやっと再起動。もう~私のようなアナログおばちゃんには無理か・・と諦めかけ・・でもここで諦めたら、以前育児中にあっという間にパソコンについていけなくなったようにiPhoneごときで世間から取り残されてなるものか~と気を取り直していじくりまくりました!!

そしてかれこれ1か月半が経ち…今の私はiPhoneで・・

知りたいこと、ネットでさっと調べます!

地図を見て知らない土地も歩けます!

家計簿つけてます!

予定表管理してます!

英語の勉強してます!

音楽聴いてます!

とりあえずすごく満足してます(^O^)/

多分、もっともっと奥が深いんだと思います。家計簿なんて子供たちに今までで一番長続きしてるんじゃない?と言われました・・・確かに!

いつからか取り残されているエクセルもこうやってもっと学びたいな。友愛では私がパソコン音痴なことを知っているからスタッフ仲間が皆で・フォローしてくれます。感謝です。

これからも色んなこと向上心をもって頑張るぞー!!

受付:清水





チャンスを物にした男たち

20 02 2011

こんにちわ!!!

先日、ブログで1人で勝手に「チャンス」を語っていた荒船です。

今日の朝・・・・・・

O先生、N先生が「昨日は15時~18時の間の来院数が過去最高でした」と言っていました。

O,Nコンビ、はっきり言ってすごいです(笑)

(巨人の王さん、長嶋さんではありませんが・・・・・)

先日のミーティングで私は「チャンス」という議題で1人で熱く語ってしまいましたが、彼らはいろんなチャンスを物にしたのです。

私の考えとして100回チャンスがあって、そのうち1回でも成功した時に成功が少ないほど喜びは大きいと思います。

彼らは100回・・・・・1000回の苦労し、チャンスを成功に導いたていたのです。

これからも、彼らに負けないぐらい友愛を盛り上げ、大勢の患者さんの笑顔が見れるように私も頑張ります。

本当にスタッフのみんなと仕事できることが楽しいです(^O^)

今日も18時まで受け付けしております。

是非、土日、祝祭日の15時~18時に来院してみてください。

きっと、沢山の笑顔がみれますよ。